HOME | 取り扱い情報 | アケルくん

あなたの会社には【絶対に開かないと困るドア】があるはずです。

BCP策定に避難経路の確保は万全ですか?
地震の際、オフィスのドアは開きますか?いざという時、非常口のドアは開きますか?

貼るだけで耐震ドア「アケルくん」

 
災害時、震度7に耐えられる建物でも震度5弱から開閉不可能なドアが出始め、震度6強ではほとんどのドアが開かなくなる恐れがあります。災害時に室内に閉じ込められる2次災害防止は簡単施行のアケルくんにお任せを。
アケルくんは、特殊加工を施したプレート(特許取得済み)で、アケルくんを取付ける事により、既存のドアが耐震ドアに変わります。 災害時、ドア(特に玄関ドア)は避難口として重要な役割を担っていますが、ほとんどのドアは耐震化されていません。
既存のドアを耐震ドアにするにはドア本体やドア枠を交換したり、特殊な器具を取付けたりするため、とても高価です。 アケルくんは特許技術(下図参照)により、面内変形・局部変形に対応でき、簡単な施工で安価に既存のドアを、耐震ドアに変えることができます。 ドアが座屈する(歪む)様な大きな変形でも、低摩擦材を枠とドアの間に取付けていますので、一般のドアと比べ、より少ない力でドアを「アケル」ことが出来る耐震グッズです。
アケルくんの特許技術 特許第4175533号

「アケルくん」のここがスゴイ

面内変形追随性

建物がドア枠の変形(面内変形)に対し、枠とドアの接触を緩和し、500N以下でドアを開けることができます。
 

耐震扉のJIS規格(BL基準)

扉枠高さの1/120変形にて500N(約50㎏)以下にて開放できること

 

局部変形追随性

建物がドア枠の変形(面内変形)に対し、枠とドアの接触を緩和し、500N以下でドアを開けることができます。
 

耐震扉のJIS規格(BL基準)

建枠(戸先側)8mm上枠4mmの変形にて500N(約50㎏)以下にて開放できること

 

サムターンロック

デッドボルトが鍵受けに当りサムターンが回らなくなってしまう
 

【重要】
鍵の解除ができなければ扉はあきません!!

 

【アケルくん】は特殊な形状とコーティング材のスベリにより面内変形局部変形どちらにも対応し、更にサムターンロックにも対応しています。

「アケルくん」の仲間たち!!

「アケルくん」デモカー

 

アケルくんの効果を実感していただきたく西三では出張デモカーを制作いたしました。
デモカーの配車状況の確認はお電話かお問い合せフォームよりお願いします。