HOME | 環境改善 | リフレクティックス

遮熱材リフレクティックス

暑さによる熱中症の危険度が高い職場環境では、空調設備の光熱費が高コスト化となります。リフレクティックスは、輻射熱の反射率99%を実現した遮熱材で、冷暖房コストとエネルギーの節約に大きく貢献します。

経費削減と環境改善

  • 遮熱による経費削減と職場環境改善

遮熱材リフレクティックスで夏の暑さをカット

リフレクティックスは、8mm厚の両面の高純度アルミ箔(純度99.99%)の「遮熱材」で、宇宙産業の反射技術を活用した「反射技術」によって、輻射熱の反射率99%を実現し、今までの断熱の常識を覆し、冷暖房コストとエネルギーの節約に大きく貢献します。

熱線を遮り、室内の冷エネルギーを逃さない

太陽からの熱線「電磁波(赤外線)」は建物に入り込み、物体の構成分子に「輻射熱」を持たせ、「赤外線」が放射されるため、室内に熱がこもりやすくなります。リフレクティックスは赤外線による輻射熱移動を99%カットし、室内の“涼しい”を約束します。

遮熱と断熱の違い

遮熱と断熱はそれぞれの役割が異なります。断熱材は「熱の伝わるスピードを遅くする」材料となっており、遮熱材は「熱(輻射熱)を反射させて跳ね返す」材料です。多くの建材は反射率が低く、外部の熱を吸収してしまいます。従って夏は暑く冬は寒いという結果になってしまいます。リフレクティックスは、アルミホイルの「低熱放出性」・「空気の低熱伝導性」の利点から両面に空気層を合わせ持つ事で輻射熱を反射して伝導熱を断熱することができます。反射率99%のリフレクティックスは、ほとんどの熱線をはね返してしまいます。

リフレクティックスの施工について

フレクティックスは、工場や事務所などの建物の屋根、壁に施工することで遮熱効果を得られます。

  • リフレクティックスの施工は、輻射熱を反射させるために空間を作る必要があります。
  • 外側のコンクリートや内側の内壁材の間に約20mm~50mmのスペーサーを用い、可能な限り遮熱材の接触面積を抑える。(ベタ貼りは厳禁)
  • 熱橋となりうる部分まで巻き込む。
  • 遮熱材の接合・小口部分は専用テープやコーキング処理を行う。
屋根への施工
屋根への施工
外壁への施工
内壁への施工

環境改善と費用対効果

  • 遮熱による熱中症対策・結露防止効果・遮音効果・冷却設備の大幅減額
  • 光熱費の大幅減額による省エネ効果+原油及びCO₂削減効果(※最大省エネ効果89%)

【その他メリット】

  • 再利用可能・廃棄が安易・電磁波を反射・金属抗菌作用による雑菌などの抑制

 「遮熱材リフレクティックス」省エネシュミレーション

 

■年間電気力量・ランニングコスト(電気料金)・CO₂排出量比較(詳細) 

試算モデル物件

事務棟

気象条件

愛知県

階数

平屋

床面積

2,628㎡

天井高

2.5m

在室人数

170人

屋根

折板

ALC版

 

■試算条件

稼働時間

9時間

電力契約

中部電力高圧2種A

基本料金

1,606.5円/KW

従量料金

10.74円/KWh(7月〜9月)9.77/KWh(その他期間)

CO₂排出係数

0.47kg-CO₂/KWh
※愛知県グリーンニューディール基金地球温暖化対策事業募集要項より

稼働日数

冷房(6月〜9月 4ヶ月間)

暖房(1月〜3月 5ヶ月間)年間消費電気力量比較